banner

資本金0円に関すること

会社設立を資本金0円に関することについて

会社法が変更されてから、比較的簡単に会社設立を行うことが可能となりました。広く認知されている内容とされているものには、資本金についての部分があります。最低資本金額というものが撤廃されたことによって、例えば以前は株式会社設立を行う場面では、1000万円もの資本金を必要としていたのですが、現在では撤廃されている状況です。

このことから0円でも会社設立が可能とされていると判断することができるものですが、結論としては不可能ではありません。しかし、いわゆる金銭出資を必要としている場面では0円ではなく、最低でも1円以上の出資が必要とされているために、誤解されないように注意することが必要とされています。

その一方で、現物出資という方法も用意されています。具体的には自動車やパソコンなど、ある程度の価値を持ったものが必要とされているのですが、この場合では、0円で会社設立を行うことが可能とされています。

しかし、実際に会社設立を行う場面では、印紙代や登記料など複数の項目の手数料などが必要とされているために、資本金は少ない状態でも十分に対応することができますが、一定の経費というものが必要になります。基本とされている内容としては、約25万円程度の経費を必要としているものになりますが、この点に関しては意外なことに、会社設立を代行として行っているサービスに依頼をすることによって、費用を安くすることができます。

その理由としては電子定款を利用する方法などが用意されているもので、素人の場合ではスムーズに手続きを行うことが困難な内容を持っている部分が多々ありますが、プロの専門家に任せることによって、安くスムーズに行うことができます。しかし、資本金に関する内容としては、事業の内容によってはある程度を用意することが必要な場面も出てきます。顧客や取引先への信用度といものも大切な部分とされているのですが、雇い入れる従業員を必要としている場面でも、応募者が敬遠してしまう可能性を持っているために、早期に用意することができない場合では、事業展開をしていく中で余裕が生まれた際には随時増資を行っておくことも良い方法になります。会社設立を行う上では、単独として動く内容だけではなく、周囲から判断される項目も多数あるために、総合的に判断を行って適切な内容で決定することが必要です。この部分についてもプロの専門家に相談できる場合があり、活用してみることもおすすめです。

Copyright(c)2014 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.