banner

最近の投稿

はんこの関係

会社設立とはんこの関係について

会社設立というのは法人登記とも言い、会社を法的に一つの人格として見なすための作業であると言いかえることも出来ます。そんな会社設立をする場合に必要になるものは沢山ありますが、その中でも特に重要になる道具としては会社の印鑑があります。この印鑑は会社法人という一つの人格の医師を示すための重要なツールとして法務局に登録することになります。これを法人印と印鑑証明と言い、個人の持つ印鑑証明と同じく重要なものになります。

一般的に印鑑証明に使用するはんこのことを法人印と呼びます。これは会社を立ち上げる時に新規で作成するのが一般的です。

このはんこには会社の名前が入りますので、事前にあるもので代用することはできないのが一般的です。そのデザインには色々な種類がありますが、丸い形で法人の名称と代表者の印、あるいは代表取締役の印等の刻印がされているケースが殆どです。

この様な印鑑は会社設立のための印鑑セットとして事務機器などを取り扱う業者が作成してくれるサービスを展開しています。

会社設立のための印鑑セットにも色々ありますが、3種類の印鑑を作成する流れが一般的です。

まず一つは印鑑証明を作成するための代表印ですが、これとは違うデザインで銀行手続きを行うための銀行印を作成するのが一般的です。銀行員は銀行の契約や決済を行う場合に用いる印鑑で、一般的には代表印とは分けて作成します。現金を扱うのに使用する極めて重要な印鑑として管理されることになります。最後の3種類目については角印と呼ばれる四角い形をした印鑑が作られる場合が多いです。

法的には効力を持たない印鑑ではありますが、契約では承認印として角印が必要になることが多く、社長等の代表者が扱う印鑑としてスタンダードな存在です。会社設立を決めた段階でこれらの印鑑を用意する必要があります。

これらを新規で作成する理由は不正を予防するためでもあります。新規でオーダーメイドをするのであれば同じ印鑑を入手することは極めて困難ですが、事前に存在する印鑑を使用した場合にはどのような問題が起こるかわかりません。

最低限のセキュリティとトラブル予防のために新しく作成する必要があるのです。これらの印鑑の料金は様々なランクがあります。

安いものであれば2~3万円から可能ですが、特殊な素材で作成された印鑑などを考える場合には天井知らずの金額が付くことになります。いずれにしても簡単にコピーできない複雑な文様である必要があります。

会社設立のノウハウ

会社設立のノウハウとはどのようなものか

会社設立をしようと思い立ったものの、最初に何をしたらいいかわからない状態であることは多いでしょう。普通にサラリーマンをやっている頃では、経営者にどのような知識が必要で、そこに立つためにどのような手続きが必要なのかなんて考えないですよね。

会社設立のノウハウというのは、その需要にこたえて現在ではさまざまなものが出回っています。それを著しているのは会社設立の専門家であったり、成功者であったりします。
もちろん、それらすべてを読めばよいのですが、そのようなことをしていてはいつまでたっても会社を設立したり起業することはできません。

そこで会社設立のノウハウとは簡単に言うとどのようなものなのか。
まず前提として独立するためのアイディアや計画を具体的な形にします。
自分の設立したい会社はどのようなジャンルなのか、そのアイディアは既に使われたものではないか、どのようなものが必要となり、それをやりくりするための資金はいったいどこから出てくるのか、といったことです。

俗に言う6W2H、たとえばどこでどのようにというものを紙に書き現実的な計画を立てましょう。ここをしっかりしていなかったら、会社設立した後に行き詰ってしまいます。特にアイディアはたくさんストックしておき「、資金については確実で安全な方法で手に入れましょう。その場しのぎではなく、長期的に先を見据えた計画を立てます。

次に、経営者となるのに必要な知識をつけます。社員を雇う立場になるので、労働基準法の内容は知っておく必要がありますし、他にも税金、保険料、会社設立のための手続き方法、また、その会社の分野の知識などです。会社を設立した後は社員の質問に答える立場になるので、知識の穴があっては困りますね。どの程度の知識が必要なのかは司法書士など、専門家に相談することを忘れないようにしましょう。

そして、知識を身につけたら、もう位置し先ほどの計画やアイディアを見直します。
税金や経費も考えて売上目標を設定し、考え出したアイディアが実現可能なものか、また現時点でまず取りかからなければならないことはどのようなことなのか、とにかく、後からやり直すことは大変になるので、ここで問題点を洗い出し、一つ一つ解決します。
そうして、計画をしっかり補強し終わったらいよいよ会社を設立する手続きをします。
書類をそろえ、それらを指定のところに提出すれば、会社設立というひとまずの目標は達成です。
しかし、その会社が成功するかというのはここからの、経営者の手腕にかかっています。
ノウハウを学ぶのみにとどまらず、自分なりの方法を見つけて行きましょう。

アルバイトの募集

会社設立とアルバイトの募集に関すること

現在では会社設立を行うことについては、資金不足などを懸念することなく行うことが可能となりました。しかし、会社設立を行う方の目的の多くは利益を追求することになるために、事前にしっかりとした事業計画書を作成することが求められています。

特に株式会社で会社設立を行う方の場合では、会社の利益の大小に関わらず支払わなければならない税金というものが発生してしまうために、一定の理解を持つことも必要とされています。会社設立を行う際には本人が一人で事業を開始することもでき、個人事業主のようにフットワークの良い働きを行うことも可能です。

後に事業が順調に進んだ場合では、広く展開を行うために従業員を雇い入れることを必要になる場面もあります。例えば営業などを行う必要のある事業所の場合では、事務所などで電話受けを行う人員が必要になるケースも多く、サービス業などで作業を行う場面では、そもそもが一人では行うことが困難になってしまう内容も出てくる場合があります。

しかし、正社員として社員を雇うことについては各種保険の加入や、年金の加入などの項目があるために、金銭的に余裕の無いという事業者も存在しています。

この場合では、会社設立と同時、あるい設立後にアルバイトを募集することで解決することが可能になります。例えば公共の職業紹介所などを利用すると、完全に無料でアルバイトの募集を行うこともでき、メジャーな求人雑誌などを活用して募集する方法、現在ではインターネット上にも数々の求人サイトが用意されているために、インターネット上で広く募集を行う方法も用意されています。

この時点で肝心なことでは、募集を行った場合では、複数名の方からの応募が来る可能性を持っています。提示された履歴書などに関しては、常に適切に取り扱うことが必要とされていて、入社することが決まった場合では、その他の応募者に対しても適切な対応を行うことが大切になります。

また、アルバイトとして雇う場合でも、週の労働時間が20時間を超えている場合や31日以上継続して雇う場合、正社員の労働時間の4分の3以上の労働を行うことが必要とされている場合では、雇用保険や厚生年金などの加入が必要になるケースがあります。

従業員の数によっても異なる部分になりますが、潤沢な売上げなどを見込むことができない場合では、所定の時間内にアルバイトの労働時間を抑制することが必要になり、同時に対象者の理解を得ることも必要です。

Copyright(c)2017 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.