banner

役員報酬の決め方

会社設立と役員報酬を3か月で決める方法について

特に社会人として会社勤務などの経験を持っている方の場合では、将来的に起業を行って、会社設立を目指す方も大勢います。現在では少額の資本金であっても会社設立を行うことができ、株式会社であっても大きなお金を使わずに会社設立出来るメリットがあります。そんな中、会社設立を行う際には役員などを決めることが必要とされていて、特に株式会社の場合では大切な項目とされています。

役員に関しては一般社員と取り扱いが変わることになるために、事前に専門家などに相談することが良い方法になります。基本とされている部分としては、会社設立を行う際に役員を決定することを行って、設立から3か月以内という限られた日数の中で役員報酬を決めなめればならないというルールになっています。

役員報酬に関しても、一般社員に支払う給料とは別の捉え方をしているものになり、一定の決まり事が用意されています。その中には最初に決定した役員報酬原則として1年間は変更することができないという内容があります。したがって、会社設立を行う際には十分に報酬額を算定することが必要とされていて、間違いの無いように配慮することが必要とされています。

例えば会社を運営して、直ぐにまとまった利益を確保することができることを分かっている場合では、十分な報酬額を算定することが可能となりますが、多くのケースで会社発足後の状態については未知数となっている場合があります。この場合では極端な例としては1年間は無報酬とすることも可能になりますが、できるだけ低い額面に設定しておくことで納得を得ることが必要とされています。

万が一、事業展開をスムーズに行うことができ、売上高なども好調な場合では、役員報酬をアップすることも不可能ではありませんが、その場合では足した部分については損金不算入という扱いになるために、法人税を多く支払うことが必要とされています。しかし、1年間で変更することのできる仕組みになっているために、会社設立を新規に行う場面では、協力者の理解を得ることが大切になります。

肝心なこととしては、初期の段階では生活を送る上で、最低限必要となる金額に設定することがおすすめになり、翌年以降に会社の動向を判断して随時変更していく方法が良い手段となります。

また、この点に関しては、プロの相談事務所などが存在しているために、事業計画書の作成と共に、事前にしっかりと相談しておくことが良い方法でもあります。

Copyright(c)2017 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.