banner

はんこの関係

会社設立とはんこの関係について

会社設立というのは法人登記とも言い、会社を法的に一つの人格として見なすための作業であると言いかえることも出来ます。そんな会社設立をする場合に必要になるものは沢山ありますが、その中でも特に重要になる道具としては会社の印鑑があります。この印鑑は会社法人という一つの人格の医師を示すための重要なツールとして法務局に登録することになります。これを法人印と印鑑証明と言い、個人の持つ印鑑証明と同じく重要なものになります。

一般的に印鑑証明に使用するはんこのことを法人印と呼びます。これは会社を立ち上げる時に新規で作成するのが一般的です。

このはんこには会社の名前が入りますので、事前にあるもので代用することはできないのが一般的です。そのデザインには色々な種類がありますが、丸い形で法人の名称と代表者の印、あるいは代表取締役の印等の刻印がされているケースが殆どです。

この様な印鑑は会社設立のための印鑑セットとして事務機器などを取り扱う業者が作成してくれるサービスを展開しています。

会社設立のための印鑑セットにも色々ありますが、3種類の印鑑を作成する流れが一般的です。

まず一つは印鑑証明を作成するための代表印ですが、これとは違うデザインで銀行手続きを行うための銀行印を作成するのが一般的です。銀行員は銀行の契約や決済を行う場合に用いる印鑑で、一般的には代表印とは分けて作成します。現金を扱うのに使用する極めて重要な印鑑として管理されることになります。最後の3種類目については角印と呼ばれる四角い形をした印鑑が作られる場合が多いです。

法的には効力を持たない印鑑ではありますが、契約では承認印として角印が必要になることが多く、社長等の代表者が扱う印鑑としてスタンダードな存在です。会社設立を決めた段階でこれらの印鑑を用意する必要があります。

これらを新規で作成する理由は不正を予防するためでもあります。新規でオーダーメイドをするのであれば同じ印鑑を入手することは極めて困難ですが、事前に存在する印鑑を使用した場合にはどのような問題が起こるかわかりません。

最低限のセキュリティとトラブル予防のために新しく作成する必要があるのです。これらの印鑑の料金は様々なランクがあります。

安いものであれば2~3万円から可能ですが、特殊な素材で作成された印鑑などを考える場合には天井知らずの金額が付くことになります。いずれにしても簡単にコピーできない複雑な文様である必要があります。

Copyright(c)2017 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.