banner

電子定款でのメリット

電子定款で会社設立するメリット

電子定款を作成すれば、会社設立にかかる費用を安くすることができます。設立費用を安くしたい場合には、紙に印刷した定款よりも有利だと考えられます。

会社設立をするための費用は、会社の種類によって異なります。紙に印刷した定款を作成した場合には、法定費用が高くなります。株式会社の場合も合同会社の場合も、定款を作成することは必要となります。紙に印刷した定款を作成した場合には収入印紙を貼ることが必要となります。その金額は4万円かかります。

次に、株式会社の場合には定款の認証の手続きを受けなければなりません。これは公証役場で受ける手続きなのですが、この時の手数料として5万円が必要となります。合同会社の場合には認証の手続きは必要ありません。株式会社は会社組織が複雑ですから、専門家によるチェックが必要となりますから、認証を受けなければなりませんが、合同会社は組織がシンプルですから、必要はないのです。

登記申請をする事が必要となりますが、これは法務局で行います。法務局では会社設立の場合には登録免許税を支払わなければなりません。この登録免許税の金額は資本金によって異なりますが、最低金額が定められています。小規模な会社なら最低金額だけ支払えば良いのですが、その金額は株式会社の場合には15万円、合同会社の場合には6万円となっています。

ですから、合計でかかる費用は、株式会社の場合には24万円で、合同会社の場合には10万円となります。これは紙に印刷した定款で会社設立をした場合ですが、電子定款を作成した会社設立をする場合には、それぞれ4万円ずつ安くなります。ですから、株式会社の場合には20万円で、合同会社の場合には6万円が最低元かかる費用となります。

比較してみれば電子定款を作成するほうが良いと判断するのは普通のことでしょう。しかし、作成するためにはいくつかの機器を購入しなければなりませんし、ソフトウェアも必要となります。作業そのものは難しくはありませんが、コストがかかります。もしも4万円以上かかるのなら、紙に印刷しておいた方が費用面では有利です。

行政書士などの代行業者を利用する事によって、この点を解決することができます。行政書士に依頼をすれば、例えば1万円で電子定款の作成を引き受けてくれる場合があります。

金額はそれぞれで異なるのですが、1万円未満の場合もあります。仮に1万円であれば、4万円分安くなるのですから、差し引き3万円分は安くすることができます。

Copyright(c)2017 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.