banner

アルバイトの募集

会社設立とアルバイトの募集に関すること

現在では会社設立を行うことについては、資金不足などを懸念することなく行うことが可能となりました。しかし、会社設立を行う方の目的の多くは利益を追求することになるために、事前にしっかりとした事業計画書を作成することが求められています。

特に株式会社で会社設立を行う方の場合では、会社の利益の大小に関わらず支払わなければならない税金というものが発生してしまうために、一定の理解を持つことも必要とされています。会社設立を行う際には本人が一人で事業を開始することもでき、個人事業主のようにフットワークの良い働きを行うことも可能です。

後に事業が順調に進んだ場合では、広く展開を行うために従業員を雇い入れることを必要になる場面もあります。例えば営業などを行う必要のある事業所の場合では、事務所などで電話受けを行う人員が必要になるケースも多く、サービス業などで作業を行う場面では、そもそもが一人では行うことが困難になってしまう内容も出てくる場合があります。

しかし、正社員として社員を雇うことについては各種保険の加入や、年金の加入などの項目があるために、金銭的に余裕の無いという事業者も存在しています。

この場合では、会社設立と同時、あるい設立後にアルバイトを募集することで解決することが可能になります。例えば公共の職業紹介所などを利用すると、完全に無料でアルバイトの募集を行うこともでき、メジャーな求人雑誌などを活用して募集する方法、現在ではインターネット上にも数々の求人サイトが用意されているために、インターネット上で広く募集を行う方法も用意されています。

この時点で肝心なことでは、募集を行った場合では、複数名の方からの応募が来る可能性を持っています。提示された履歴書などに関しては、常に適切に取り扱うことが必要とされていて、入社することが決まった場合では、その他の応募者に対しても適切な対応を行うことが大切になります。

また、アルバイトとして雇う場合でも、週の労働時間が20時間を超えている場合や31日以上継続して雇う場合、正社員の労働時間の4分の3以上の労働を行うことが必要とされている場合では、雇用保険や厚生年金などの加入が必要になるケースがあります。

従業員の数によっても異なる部分になりますが、潤沢な売上げなどを見込むことができない場合では、所定の時間内にアルバイトの労働時間を抑制することが必要になり、同時に対象者の理解を得ることも必要です。

Copyright(c)2017 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.