banner

労働基準監督署の利用

会社設立と労働基準監督署の利用とその後の対応について

会社設立を行う方法が簡素化されている状況で、少ない資本金であっても十分に会社設立を行うことができます。現在では代行業者なども数多く存在しているために、分からない部分があれば随時相談することも可能とされていて、手続きなどを依頼することも可能とされています。

会社設立をした後に、一人で業務を行っている間については個人事業者と同様に複雑な手続きなどが必要な場面も少ない傾向にありますが、将来的に従業員を1人でも雇った場合では、状況が大きく変わることになります。その中には労働基準監督署を利用する場面もあり、必ず手続きを行わなくてはならない項目が存在しています。実際に労働基準監督署で必要とされている内容としては、労働者災害補償保険の手続きを行うことが必要とされていて、その際には提出することが求められている内容があります。

例えば保険関係成立届や概算保険料申告書、添付書類や会社の謄本も必要とされていて、従業員名簿の他にも賃金台帳、出勤簿などの提出が求められています。
この部分に関しては会社設立を行う規模や事業形態などによっても変わる一面を持っている内容になるために、事前に確認しておくことが必要とされています。雇用保険に関しては、管轄内のハローワークで手続きを行うことが必要とされていて、特に労働基準監督署を利用する場合では、社員が入社してから10日以内に手続きを行うことが一般的に決められている内容を持っているために、注意しなければならない部分とされています。

また、会社設立後に会社が大きく発展してく中で、随時社員を募集するような場面もありますが、現在では労働基準法について細かく規定されている通り、法律を守って従業員を使用することが大切な部分とされています。具体的には社会問題化されている内容として、残業手当などの項目もあります。
この内容では法律に従って支払いをしていない場合では、後に従業員によって告発されることも多い部分とされています。

さらに解雇に関するトラブルなども多い傾向にあり、事前に社内規定として明確に定められている内容であっても、法律を著しく破った内容で、従業員に一方的に不利な内容では、無効とされてしまう傾向にあるために、不明な部分を持っている方の場合では、労働基準監督署に足を運んで随時相談を行うことによって、後に発生するトラブルなどを未然に防ぐことが可能となり、スムーズに事業展開を行うことができます。

Copyright(c)2017 会社設立の資本金っていくらからできるのか、また基盤強化の方法を知りましょう All Rights Reserved.